永久脱毛ってどんな感じ・・・

永久脱毛の方法

ムダ毛処理は女子のたしなみといえども、
頻繁なる自己処理は肌に負担をかけるものです。

 

毛穴が炎症をおこして、ぶつぶつと盛り上がってしまったり、
皮膚の下で毛がうずをまいてしまう危険な症状が起こる可能性もいなめません。

 

角質を無理に削り落としてしまうので、がさつきやざらつきも当然起こります。

 

将来の肌のことを考えるのなら、クリニックや脱毛サロンで永久脱毛をお願いするのが一番良いでしょう。

 

日本で現在行われている永久脱毛は、主に二つの種類にわけることができます。
ひとつは、絶縁針脱毛です。これは、古くから行われてきた方法で
電気を通した針を毛なの一つ一つに差込、毛根を死滅させていく脱毛方法です。

 

針を刺すということで、痛みが伴うのが特徴ですが、
毛穴の一つ一つを確実にしとめていくので、仕上がりはきれい。処理残りもありません。

 

時間がかかるので、休日などを利用して施術に通うことになります。

 

もうひとつの医療用レーザー脱毛は、特殊なレーザー光線を肌に照射することによって、
毛根を破壊する脱毛方法です。一遍に広範囲の施術が可能で痛みもほとんどないことから、
昨今主流となりつつあります。

 

一度の施術が短時間で済むので、仕事帰りなどによる女性も多いのだとか。

 

ただし、レーザーはメラニンに反応して毛根を刺激しますから、
日焼けしている人、肌の色がもともと黒い人には施術が困難である場合があります。

 


リンク集